カプセルと錠剤
コップと薬

パノラミスの特徴

パノラミスは駆除できる害虫の種類が非常に多く、ひとつ用意しておくだけで役立つ場面がたくさんあります。月1の投与で予防薬としても使えますので、飼い主ならぜひとも購入しておきたい駆除薬となっています。

シートに入っている白い錠剤

購入は通販で

パノラミスの購入についてですが、今なら個人輸入代行の利用をオススメします。医薬品を通販感覚で注文できるサービスで、医療機関へ通う手間や高額な治療費を支払う必要なく、目当ての医薬品を購入できますよ。

カプセル

個人輸入代行利用の注意点

個人輸入代行は便利なサービスなことは間違いないのですが、利用時は注意しておくべきこともあります。問題が起きてもすべて自己責任になってしまうことや、悪徳業者には注意するなど、慎重に利用していきましょう。

フィラリア症とは

白いカプセル

犬用も猫用もあるカロダイルなら種類を問わずに気軽に利用することが可能です。

夏が好きな人も多いのではないでしょうか。
海水浴や夏祭りなど、夏だからこそ楽しめるイベントが盛りだくさん。
しかし、夏と言えば蚊が気になる季節でもありますよね。
嫌な羽音を立てながら私たちに近寄り、血を吸って去っていくのです。
みなさん経験済みだと思いますが、蚊に血を吸われてしまうと次第に痒くなり、イライラしてしまいますよね。
私たちからするとストレス以外の何物でもない蚊ですが、実は犬や猫などのペットたちにとっても危険な存在だと知っていましたか?

私たちからすれば、蚊に血を吸われるなんて毎年のことですし、痒くはなってしまうものの大した被害は受けません。
ですが、ペットたちからすると蚊はかなり危険なのです。
蚊が危険、というよりは蚊の体内に寄生しているフィラリアという寄生虫が危険です。
フィラリアの幼虫は蚊を媒介にしてペットたちの体内に寄生します。
主に心臓部や肺動脈に寄生するのですが、問題はこれらの場所で成長されたときです。
フィラリアの成虫は犬糸状虫とも呼ばれており、成虫時は人間でも目視できるほど大きな糸状の体に成長します。
これによって血流が詰まってしまい、深刻な症状を引き起こしてしまう危険があるのです。

フィラリア症はペットたちにとって危険な症状なのですが、現在はフィラリア予防薬を使用することですぐ治療できるようになっています。
フィラリア予防薬の種類は多いですが、今回はその中からパノラミスの紹介をしていきましょう